千代田町
Menu

予防接種

予防接種

予防接種とは、ワクチンを接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることをいいます。

赤ちゃんはお母さんから免疫をもらっていますが、発育とともに自然に失われていきます。そのため、予防接種により免疫をつくり、感染症を予防することが重要です。

新型コロナウイルス感染症の影響による定期接種の対応

定期の予防接種は、ワクチンで防げる感染症の罹患およびまん延防止のため、感染しやすい年齢を考慮して感染症ごとに接種年齢を定めて実施しています。そのため、厚生労働省においては、基本的には引き続き既定の予防接種スケジュールに沿って実施していただくことが望ましいとしています。                                          ただし、新型コロナウイルス感染症の影響で、やむを得ず既定の接種期間内に接種できない場合は、接種期間を延長できる場合がありますので、接種する前に健康子ども課にご相談ください。

~新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ~

「遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診」 (PDF:外部リンク)

定期予接種

予防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められた定期接種と、それ以外の任意接種があります。

定期接種対象者(保護者)は予防接種を受けるよう努力する義務があります。また、定期接種の対象者の費用は原則無料です。(ただし、高齢者インフルエンザ及び高齢者肺炎球菌を除きます。)

定期接種の種類と対象者等は下記のとおりです。

種類対象者標準的な接種期間回数接種場所
B型肝炎 生後12か月に至るまで 生後2か月~9か月 3回 館林邑楽管内
の医療機関
ヒブ 生後2か月~5歳未満 生後2か月~7か月に至るまで 1~4回
小児用肺炎球菌
BCG 生後12か月に至るまで 生後5~8か月に至るまで 1回
四種混合 1期初回
生後3か月~90か月未満
生後3か月~12か月 3回
1期追加
生後3か月~90か月未満
1期初回接種終了後1年~1年半後 1回
二種混合 11歳~13歳未満 11歳~12歳 1回
麻しん風しん混合 1期
生後12か月~24か月未満
1歳の誕生日を迎えたらなるべく早く 1回
2期
年長児
麻しんが流行する4~6月の間になるべく早く 1回
水痘 生後12か月~36か月未満 生後12~15か月で1回、3か月以上あけて1回 2回
日本脳炎 1期初回
生後6か月~90か月未満
3歳~4歳 2回
1期追加
生後6か月~90か月未満
4歳~5歳(1期初回終了後約1年) 1回
2期
9歳~13歳未満
9歳~10歳
●9歳の誕生日を迎えたら予診票を送付します
1回
子宮頸がん
予防ワクチン
中学1年生~高校1年生相当
年齢の女子
※接種をご希望の場合は保健センターまでご連絡ください。 3回
高齢者
インフルエンザ
満65歳以上
※1
10月1日~1月上旬 1回
高齢者
肺炎球菌
満65、70、75、80、85、90、95、100歳の者で一度も高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたことがない方(自己負担で受けた方も対象とはなりません)
※1
4月1日~3月31日 1回

※1 60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害 を有するもの及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者

日本脳炎の予防接種の特例措置について

日本脳炎の予防接種については、接種後に重い病気を発症した事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで予防接種のご案内を行っていませんでした。その後平成21年6月に新たなワクチンにて接種が再開され、現在は通常通り接種を受けられるようになっています。

積極的な接種勧奨が差し控えられていたことで接種機会を逃している場合は、特例措置として無料(公費負担)で接種できます。下記に該当するかたが対象となります。

①平成12年4月2日~平成19年4月1日生まれのかたで、第1期または第2期の接種が完了していない場合。             →未接種分を20歳未満まで無料で接種することができます。

②平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれのかたで、第1期の接種が完了していない場合。                 →第1期の未接種分を第2期の対象年齢内(9歳~13歳未満)に無料で接種することができます。

※接種には専用の予診票が必要になりますので、母子健康手帳と印鑑を持参のうえ保健センターまでお越しください。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種は、平成25年4月1日より、法律に基づく定期接種として実施しているところですが、厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な勧奨を差し控える」との通知を受け、同年6月14日より、積極的な勧奨が差し控えられています。そのため、千代田町ではHPVワクチンの勧奨通知や予診票の送付等は行っておりませんが、接種を中止するものではありません。

接種を希望する場合は、厚生労働省ホームページ「ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)」 (外部リンク)や厚生労働省作成リーフレット「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」をお読みいただき、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいたうえで、接種について判断してください。

≪リーフレットをご覧ください≫

※接種には専用の予診票が必要になりますので、母子健康手帳を持参のうえ保健センターまでお越しください。

令和2年度 予防接種実施医療機関一覧(館林邑楽管内)

R2予防接種協力医療機関.pdf

持ち物

予診票を紛失した場合

母子健康手帳と印鑑を持参のうえ、保健センターまでお越しください。

このページに関するお問合せ

健康子ども課 健康推進係
電話:0276-86-5411
メールフォーム

ページの先頭へ