千代田町
Menu

町役場での確定申告・住民税(町千代田県民税)の申告の受付について

 令和3年分確定申告・令和4年度住民税(町県民税)の申告受付が2月16日(水曜日)から始まります。申告は、所得税のほか町県民税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料などの所得申告も兼ねて行われますので、忘れずに申告してください。
 もし申告がされていないと、各保険の軽減が受けられなかったり、所得証明書などの証明書類が交付できなくなってしまう場合があります。

所得税の確定申告

申告が必要な方

1.給与収入が2,000万円を超える方
2.1か所から給与を受けていて、年末調整済の方で給与・退職所得以外の所得が20万円を超える方
3.2か所以上から給与を受けている方
4.年の途中で退職した方で、その後就職をしなかったために年末調整を受けなかった方
5.事業所得(営業・農業)や不動産収入のある方
6.一定金額を超える公的年金のある方

※ 公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合、所得控除を受ける必要がない方は確定申告は必要ありません。

次の方については千代田町役場での受付ができません

a. 青色申告の方
b. 令和3年中に営業・農業・不動産などの事業を開始された方
c. 土地や建物などを譲渡した方
d. 株式の譲渡または損失のあった方(損失の繰越も含みます)
e. 海外居住者を扶養にとる方
f. 肉用牛の販売により、特定肉用牛所得の申告をする方
g. 消費税の確定申告の方

所得税が戻る可能性のある方

1.年末調整済の方で住宅借入金等特別控除、医療費控除や寄付金控除などを受けることのできる方
2.給与所得はあったが年の途中で退職し、年末調整をしていない方
3.予定納税をしていた方で、確定した所得税額が予定納税を下回った方
4.公的年金から所得税の源泉徴収がされている方で、社会保険料控除など控除を受けることができる方
※源泉徴収税額がない場合は戻りません。

町県民税の申告

申告が必要な方

1. 令和4年1月1日現在、本町に住所があり、令和3年中に所得があった方
2. 国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険に加入されている方
3. 所得証明書等が必要な方
4. 国民年金保険料の免除申請をする方
※収入0であっても申告が必要な場合があります。詳しくは町民税係までお問い合わせください。

申告の必要がない方

1.税務署や役場(電子申告「e-Tax」を含む)で、すでに所得税の申告をした方
2.給与所得のみで年末調整済であり、給与支払報告書が役場に提出されている方
3.所得が一定以下で生活をひとつにする親族の扶養になっている方

申告に必要なもの(確定申告・町県民税申告共通)

1. マイナンバーカード(顔写真入りのもの)
※マイナンバーカードをお持ちでない方は、番号確認書類の写しと身分確認書類
2.利用者識別番号が分かるもの(番号取得済みの方のみ)
3.事業収入の収支内訳書(作成済のものだけ受付可)
4.源泉徴収票、支払調書
5.障害者控除を受ける方は、障害者手帳など障害のわかるもの
6.医療費控除を受ける方は、令和3年中に支払った医療費の明細書
 ※ 金額の集計は必ず自宅で済ませてください。
7.住宅ローン控除を受ける方は、そのための関係書類一式
 ※ 必要書類は事前に税務署または役場税務会計課でご確認ください。
8.社会保険料控除を受ける方は、令和3年中に支払った保険料などの領収書や確認書
 ※ 国保税・介護保険料・後期高齢者医療保険料の確認書は、税務会計課窓口でお渡しできます。
9.生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料、地震保険料控除を受ける方は、令和3年中に支払った控除証明書
10.還付となる方は、申告者本人の預金口座がわかるもの
11.その他、農業所得・不動産所得・一般事業所得の収支内訳書等が必要な場合は、役場税務会計課にご連絡ください。

重要事項

医療費控除には明細書の提出が必要です

 平成29年分の確定申告から、医療費控除を受ける場合には「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。領収書の提出は原則不要になります。
 明細書の用紙は役場や税務署で配布するほか、国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。なお、税務署から記入内容の確認を求められる場合がありますので、領収書は5年間の保存が必要です。

関連ファイル

①町民税・県民税申告書
令和4年度(令和3年分)町民税・県民税申告書(pdf/248KB)
②収支内訳書・医療費控除の明細書・セルフメディケーション税制の明細書
※②の書類が必要な方は内訳書・明細書等の様式一覧(国税庁ホームページ)をご利用ください。

千代田町役場での受付

日時・会場

 期間:令和4年2月16日(水曜日)から3月15日(火曜日)(ただし土日祝日を除きます)
 受付:午前9時から11時30分/午後1時から4時30分 ※正午~午後1時は相談を行っておりません。
 会場:千代田町役場 2階大会議室

申告相談日程表

 該当日以外でも受付可能ですが、混雑緩和のため、極力割当通り来場をお願いします。

相談日 行政区
2月 16日(水曜日 赤岩1区
17日(木曜日 赤岩2区
18日(金曜日 赤岩3区 熊野
21日(月曜日 赤岩3区 五反田
22日(火曜日 赤岩3区 桧内
24日(水曜日 瀬戸井・上五箇
25日(木曜日 上中森
28日(金曜日 下中森

相談日 行政区
3月 1日(火曜日) 萱野
2日(水曜日 木崎・鍋谷
3日(木曜日 赤岩11区 前天・大日
4日(金曜日 赤岩11区 中天・後天
7日(月曜日 福島
8日(火曜日 新福寺
9日(水曜日 舞木14区
10日(木曜日 舞木15区
11日(金曜日) 舞木16区
14日(月曜日 17区 ふれあいタウン
15日(火曜日) 予備日

申告会場における新型コロナ感染防止対策

 申告会場では混雑が予想されますが、新型コロナ感染防止対策として、以下の対策を行います。混雑緩和のため、ご協力をお願いいたします。

換気のため、申告会場の扉は開放

 申告会場は換気のため扉を開放します。会場内が寒くなる可能性がありますので、充分暖かい服装でご来場ください。また、会場では待合席の間隔に留意し、相談席に飛沫感染対策のためのついたてを設けます。

密を避けるために、会場で待つ人数を制限

 会場内は感染防止のため、通常より待合席を減らして間隔を空けて設置しており、密を避けるために会場で待つ方の人数を制限しています。
会場内の待合席が混雑し、待合席でお待ちできない場合は、以下の対応をお願いします。 不明な点等ありましたら、職員にお尋ねください。

役場庁舎内でお待ちいただく場合

 申告会場には案内進捗状況を掲示します。会場を離れて庁舎内の待合席でお待ちいただき、順番が近くなったらお戻りください。庁舎内の待合席の場所については、職員の案内に従ってください。

駐車している車中でお待ちいただく場合

 ご自身の車中でお待ちいただく場合、氏名・電話番号等を記入する所定の用紙がありますので、記入のうえ職員にお渡しください。順番が近づきましたら、記入いただいた電話番号に連絡をさせていただきます。なお、この場合、車は必ず役場駐車場に駐車してお待ちいただき、連絡を受けた際すぐに来場できる状態にしておくようお願いいたします。また、すぐにお越しいただけない場合、混雑状況により他の方を先に受付ける場合があります。

来場する前に必ず検温とマスク着用、手指消毒を

 申告相談前に必ず自宅で検温を済ませていただくようお願いいたします。37.5度以上の発熱、咳や鼻水等の風邪症状がある場合等、感染防止の観点から適切でないと判断した場合、入場をお断りさせていただきます。来場する際はマスクを着用し、会場入口にて手指のアルコール消毒をお願いいたします。

筆記用具等の持参を

 感染防止のため、筆記具、計算機の持参にご協力ください。

会場内の消毒

 申告会場では、テーブルやイスを適宜アルコール消毒いたします。

申告の来場分散にご協力を

 混雑日時を避けた来場をお願いいたします。例年、初日からの3日間と終了前の3日間、申告期間全体を通じて月曜日が混雑しますので、これらの日を避けた来場をお勧めします。また申告相談日程表の行政区を守っていただき、混雑緩和にご協力ください。また、来場する際はなるべく少人数でお越しくださいますようお願いいたします。

e-Taxや郵送による申告をお願いします

 混雑した会場へ出向くことなく申告可能な、スマホ・パソコン等によるご自宅等での作成を極力お願いいたします。詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。感染拡大防止のため、ぜひご協力ください。

 また「館林税務署での令和3年分確定申告の受付について」も、併せてご覧ください。

お問い合わせ先

館林税務署

電話:0276-72-4373【自動音声案内】

役場税務会計課

電話:0276-86-7002
メールフォーム

ページの先頭へ