千代田町
Menu

未熟児養育医療給付について

入院加療を必要とする未熟児(1歳未満)に対して、指定医療機関における医療費の自己負担について公費負担する制度です。

対象となる方

1.入院中の1歳未満児(給付を受けられる期間は、出生から満1歳の誕生日の前々日または退院の日まで
2.出生体重が2,000グラム以下の乳児。または、指定医療機関の医師が未熟児養育医療の対象と認めた乳児
3.千代田町に住民票をおく児
※病院は都道府県知事等が指定する「指定医療機関」に限ります。

給付の範囲

1.診察
2.薬剤または治療材料の支給
3.医学的処置、手術及びその他の治療
4.病院または診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
5.移送

申請に必要なもの

1.養育医療給付申請書(保護者が記入してください)
2.養育医療意見書(指定医療機関の担当医師に記入してもらってください)
3.世帯調書(保護者が記入してください)
 ※生計を同じくしている家族全員について記入(生計とは、衣食住にかかる費用、医療費などを指します。)
4.同一生計内の方の市町村民税の課税額を証明する書類
 例)所得証明書、課税証明書、非課税証明書など
 申請時期が1~6月の場合には前年度、7月~12月の場合には当該年度分の市町村民税の課税額を証明する書類をお持ちください。                                                          ※千代田町で課税状況が確認できない方(1月2日以降に千代田町に転入した方など)のみ必要です。
5.個人番号(マイナンバー)が分かるもの
 受療児及び受療児と生計をともにする扶養義務者(父、母、、祖父母等)の方々の個人番号(マイナンバー)を確認できる書類が必要です。
6.受療児の健康保険証
7.母子健康手帳

申請から養育医療券交付までの流れ

 申請後、給付の可否を判定し、承認された場合に「養育医療券」を申請者あてに郵送しますので、医療機関へご持参ください。

このページに関するお問合せ

健康子ども課 健康推進係
電話:0276-86-5411
メールフォーム

ページの先頭へ