千代田町
Menu

人・農地プランについて

人・農地プランについて

 人・農地プランとは、地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。地域や集落における話合によって、今後の中心となる農業者(個人や法人等)やその中心となる農業者へどうやって農地を集めていくかなど、力強い農業を目指し、将来の地域農業のあり方などを決めるものです。

 地域全体で農地の状況を共有することなく、住民が個々に考えて行動していては、地域の『人と農地の問題』は解決しません。

 まずは、地域が抱える問題を共有し、「今後の地域農業をどのようにしていくべきか」「誰が中心的な役割を担うのか」を皆で考え、話し合うことが大切です。

 そして、それを形にしたのが「人・農地プラン」です。

「人・農地プラン」の実質化について

 5年後、10年後の地域の農地を、地域の実情に合わせて、いかに担い手とマッチングし、活用するか。担い手が少なく、引き受け手がない農地をどうするのか。

 将来にわたって残すべき農地の特定、集約化の推進、地域外の担い手とのマッチング、認定農業者等の中心経営体の育成、集落営農や農作業受託組織の設立、新規作物導入等を話し合います。

 「人・農地プラン」を作成したら、地域の人と農地の問題解決に向かって、実際に行動していかなければ意味がありません。そのとき、これまで以上に合意形成の過程が重要になってきますが、その合意形成の過程を明確にすることが実質化の目的です。

実質化の定義 

 ①アンケートの実施
 ②現況把握
 ③中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成

実質化の作業手順

 ①アンケートの実施
 ②地域の状況の地図化
 ③地域の話し合い
 ④話し合いの結果の取りまとめ
 ⑤上記①~④を踏まえ「人・農地プラン」を作成し、公表する。

「人・農地プラン」実質化にかかる工程表

 千代田町「人・農地プラン」(工程表)(PDF/65KB)

実質化された「人・農地プラン」(令和3年3月)

 実質化された「人・農地プラン」(PDF/228KB)

このページに関するお問合せ

産業観光課 農政係
電話:0276-86-7005
メールフォーム

ページの先頭へ