千代田町
Menu

【千代田町】日帰りおすすめ観光コース

千代田町がおすすめする観光モデルコースをご用意しました。プリントアウトし、ガイドブック代わりにご活用ください!

おすすめ観光コース(日曜・祝日)

(1)8:40  館林駅 西口バス停(8:45発)  【時刻表】路線バス 館林・千代田線
 |   路線バス 約50分
(2)9:36  赤岩渡船 バス停
 |   徒歩   約1分
 | 9:37  赤岩渡船(群馬県側)
 |   渡船   約10分 ※適宜出発
 | 9:55  赤岩渡船(埼玉県側)
 |   徒歩   約10分 約1.0㎞
(3)10:10 荻野吟子記念館  ≪滞在目安時間60分≫
 |   徒歩   約10分
(4)11:25 赤岩渡船(埼玉県側)
 |   渡船   約10分 ※適宜出発
 | 11:50 赤岩渡船(群馬県側)
 |   徒歩   約10分
(5)12:10 昼食:大門寿司  ≪滞在目安時間60分≫
 |   徒歩   約1分
(6)13:10 光恩寺  ≪滞在目安時間85分≫
 |        ・寝釈迦
 |        ・荻野吟子旧長屋門
 |        ・堂山古墳(見学)
 |        ・梵鐘
 |        ・赤井照光の墓
 |        ・阿弥陀三尊像
 |   徒歩   約10分
(7)14:45 JA永楽支所前 バス停(14:51発)  【時刻表】路線バス 館林・千代田線
 |   路線バス 約50分
(8)15:41 館林駅 西口バス停

おすすめ観光コース スポット情報

★☆産業観光課職員が、モデルコースを歩いてきました。皆さんも巡ってみてはいかがでしょうか!☆★

(2)赤岩渡船(群馬県側)

赤岩渡船のバス停で降りると、川側に渡船場が見えます。
船場には時刻表が無いので、船頭小屋で船頭さんに
「埼玉県側に渡りたい」と声をかけると、船を出してくれます。
気の良い船頭さんが、すぐに船を出してくれました。
心地良い風に吹かれながら、景色を見ていると、あっという間に
対岸(埼玉県側)に到着です。
船頭さん、ありがとうございましたm(__)m
少し歩くと、埼玉県側の待合小屋とポールがありました。
小屋の張り紙を読むと・・・
群馬県側へ帰る場合は、黄色い旗を揚げると、船頭さんが
迎えにきてくれるみたいです。
階段で堤防上へ。眺めが良いですね。
お天気が良ければ、赤城山も綺麗に見えます。
では、下流に向かって歩いていきましょう。
荻野吟子記念館までは歩いて10分程度です。
利根大堰方面へ。利根川自伝車道(サイクリングロード)に
なっています。自転車に注意!
河口から158.5㎞地点の標識が立っていました。

(3)荻野吟子記念館

堤防の下に荻野吟子記念館が見えました。
標識もあるので間違えにくくて良いですね。
階段を下りていくと・・・
銅像がお出迎えしてくれます。
裏から入るので、背中でお出迎えされます。
荻野吟子記念館!入場料は無料。
光恩寺に移築された長屋門の1.5倍で復元したそうです。
内部はこんな感じです。事前に予約すると、
説明員さんが待っててくれます。
映画の「一粒の麦」のロケ地にもなりましたね。
さて、戻りますか!
今日は、風の条件が良いのか、
グライダーがたくさん飛んでいました。

(4)赤岩渡船(埼玉県側)

「迎えに来て」の合図の旗を揚げます。
すぐに迎えに来てくれました。
ありがとうございます!
ジェットスキー愛好者の車がたくさん停まっています。
実は、ジェットスキーのメッカなんです!
赤岩渡船に着いて、
堤防に上がるとレトロな常夜灯がありました。
なんと、「赤岩の渡し」は、
県道熊谷・館林線という県道なんですね!
それでは、階段を下りて光恩寺に向かいます。
赤岩交差点も直進です。
赤岩交差点を直進して100mくらいで
一つ目の交差点の角に看板が立っています。
この交差点を右折して200m進みます。
途中で左側に「安楽寺」がありますが、そのまま直進です。
光恩寺に到着しましたがおなかが減ってきました・・・

(5)昼食:大門寿司

光恩寺の入り口にあるお寿司屋さん「大門寿司」でお昼を頂くこと
にします。

(6)光恩寺

おなかも満たされたので、いざ光恩寺へ!
山門をくぐると、本堂が迎えてくれます。
本堂の前には綺麗な蓮が咲いていました。
本堂に向かって左側には、釈迦如来涅槃堂。
中には黄金色に輝く涅槃仏が!
本堂に向かって、右側にはお目当ての「長屋門」。
文化庁の登録有形文化財にもなっているんですね。
「長屋門」の前には、荻野吟子の銅像が建っていました。
長屋門と銅像の間を進んでいくと、阿弥陀堂。
中には、阿弥陀三尊像が納められています。
阿弥陀堂の右手。堂山古墳の階段を上った先に梵鐘。
国重要美術品でもある名鐘だそうです。
梵鐘の先には五輪塔が。
初代館林城主の「赤井照光」の墓と言い伝えられているとのことです。
たくさん楽しんだので、今日のところはここまでにして、帰りましょう!

(7)JA永楽支所前 バス停

来た道を赤岩渡船方面に戻る途中に、館林駅行きのバス停である
「JA永楽支所前」があります。
お疲れ様でした!

▼その他のお食事処

光恩寺に行く時に右に曲がった荻野吟子の看板を左に曲がると、
「新田屋」さんがあります。
老舗のうなぎ屋さんで、とてもおいしいですよ!

このページに関するお問合せ

産業観光課 商工観光係
電話:0276-86-7005
メールフォーム

ページの先頭へ