千代田町
Menu

2019こどもの読書週間(4/23~5/12)

こどもの読書週間とは

子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日から14日)でしたが、子どもの読書への関心の高まりを受けて、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)から5月12日に期間を延長しました。開始当時より、図書館・書店・学校を中心に、子どもたちに本を手渡すさまざまな行事が行われてきました。
 幼少のときから書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知り、ものごとを正しく判断する力をつけておくことが、子どもたちにとってどんなに大切なことか......。子どもに読書を勧めるだけでなく、大人にとっても子どもの読書の大切さを考えるとき、それが「こどもの読書週間」です。

こどもの読書週間に向けて、図書館よりおすすめの本を紹介します。

大人もぜひ一読を! 児童書で学び直し

わかりやすく面白い!学び直しにもうってつけの児童書は、子どもはもちろん、大人にも非常に有益。
好奇心の幅がぐっと広がる図書をお薦めします。

書名・著者名.png

このページに関するお問合せ

千代田町立山屋記念図書館
電話:0276-86-2885
メールフォーム

ページの先頭へ