千代田町
Menu

新生児聴覚検査受診票の交付

 生まれてくる赤ちゃん1,000人のうち1~2人は、生まれつき耳のきこえ(聴力)に障がいがあるといわれています。その場合には、早く発見して、適切な援助をしてあげることが赤ちゃんのことばと心の成長のためにはとても大切です。
 千代田町では、新生児聴覚検査にかかる費用を一部町で負担する「新生児聴覚検査受診票」を交付しています。早期に障がいを発見し適切な援助をしていくために、「新生児聴覚検査」をお受けになることをお勧めします。

対象者

 平成30年4月1日以降に出生し、保護者の住民登録が千代田町にあるお子さん
 ※妊娠の届出時に新生児聴覚検査受診票を交付します。

新生児聴覚検査受診票の利用方法

・県内の産科医療機関でご利用できます。
 新生児聴覚検査受診票を産科医療機関に提出し、出生後入院中に検査を受けましょう。
・県外の産科医療機関で検査を受ける場合は手続きが必要になりますので、保健センターまでご連絡ください。

千代田町から他市町村に転出した方

千代田町で交付した新生児聴覚検査受診票は使用できません。転出先の市町村へ確認してください。

このページに関するお問合せ

健康子ども課 健康推進係
電話:0276-86-5411
メールフォーム

ページの先頭へ