千代田町
Menu

空家に付属した農地の別段面積について

 耕作を目的として農地の権利を取得する場合には、農地法第3条に基づく許可が必要であり、この許可の要件の一つとして下限面積要件(農地の取得後の経営面積が、原則50a以上必要。)がありますが、下限面積の基準については、地域の実情に応じて農業委員会の判断で別段の面積を定めることが可能となっています。

 町では、農業従事者の減少等により遊休農地が増加し、特に空家に付属した農地の遊休農地化が進んでいることから、定住の促進及び遊休農地の解消を目的に、空家等バンクに登録された空家に付属した農地について、別段の面積を設定しました。

千代田町空家に付属した農地の別段面積取扱要綱(PDF/121KB)

空家に付属した農地の別断面積

設定区域 設定面積

空家に付属した農地

(千代田町全域)

1アール以上

(農業委員会が指定した面積)

主な適用要件

1.空家からおおむね100m以内の農地であること

2.空家及び空家に付属した農地の所有者は同一であること

3.空家に付属した農地を5年以上継続して耕作すること

4.空家と農地を同時に取得すること

5.1回限りであること

申請に必要な書類

1.空家に付属した農地指定申請書(様式第1号)

2.取得農地を5年以上継続して耕作する旨の誓約書(様式第2号)

3.農地利用計画書(様式第3号)

4.仲介が確認できるもの又は売買契約書の写し等

5.遊休農地を解消した届出書(様式第4号)

6.その他、農業委員会が必要と認めるもの

申請様式一式.docx

その他

千代田町空家等バンクについては、町都市整備課にお問合せください。

このページに関するお問合せ

農業委員会 事務局
電話:0276-86-7005
メールフォーム

ページの先頭へ