千代田町
Menu

飼い犬が迷子になってしまった、迷い犬を保護したときは

飼い犬が迷子になってしまったとき、迷い犬を保護したときは、まず館林保健福祉事務所及び環境保健課のほか大泉警察署へ連絡してください。館林保健福祉事務所で保護された犬を収容している期間は約1週間です。それまでに身元が分からない場合は、処分の対象となってしまいます。迷子になった犬は、自分の家を探すために歩くと、遠くへ行ってしまう可能性があります。「時期戻ってくるだろう」と考えず、すぐに探しましょう。
保護された犬の飼い主がすぐ分かるよう、首輪には「鑑札」をつけておきましょう。

各機関の連絡先
千代田町役場環境保健課 0276-86-5411
群馬県動物愛護センター 東部出張所 0276-55-0731
大泉警察署 0276-62-0110

このページに関するお問合せ

環境下水道課 環境係
電話:0276-49-5200
メールフォーム

ページの先頭へ