千代田町
Menu

犬の飼い主さんへ

最近、飼い主のモラルの低下から犬の飼育に関する苦情が、住民の方から多く寄せられています。 家族の一員として、周囲に迷惑をかけないように注意しましょう。

放し飼いについて

群馬県条例では犬の係留が義務づけられています。犬を好きな人も嫌いな人も共存でき、安心して暮らせる町にするために犬は繋いで飼いましょう。

散歩時にきをつけること

犬と人、他の犬などとのトラブルを防ぎ、快適な居住環境を維持・向上していくために、次のことを守りましょう。

ふん尿の処理

散歩のときは必ず処理袋を携行し、ふんは自宅に持ち帰って処理をしましょう。
※スコップなどで、ふんを埋めたり、土をかぶせたりする行為はやめましょう。
※場所によっては排尿の跡を水で洗い流すなどの配慮も必要です。

ノーリードで遊ばせない

散歩時だけでなく、公園などにおいても必ず犬にリードをつけてください。放し飼いは原則禁止とされているだけでなく、犬が交通事故にあったり、人に危害を及ぼしたりする場合があります。 以下のような事故が起きないよう注意しましょう。
・散歩中の他の犬や人に対して危害を及ぼす。
・犬同士のケンカを止めに入った飼い主を咬んでしまう。
・子供に対してじゃれてケガを負わす。

犬の鳴き声など

犬の「鳴く」行為は、人間の「話す」行為と同じです。しかし、欲求不満や外部からの刺激が強すぎるとストレスを与え、よく吠えるなどの行為を起こしてしまいます。 適度な運動や適切な食事管理を行うことでストレスを軽減し、周囲の迷惑にならないように注意しましょう。

このページに関するお問合せ

環境下水道課 環境係
電話:0276-49-5200
メールフォーム

ページの先頭へ