千代田町
Menu

自己負担割合証について

負担割合証について

介護サービスをご利用の際に負担していただく利用者負担割合は、これまでは一律に介護保険サービス費の1割でしたが、介護保険法の改正に伴い、平成27年8月1日から、65歳以上の方で一定以上の所得がある場合は、介護保険サービス費の2割を負担していただくことになりました。

前年所得より判定された負担割合を記載した「介護保険負担割合証」を、要介護(要支援)認定を受けている方全員に交付していますので、介護保険被保険者証と一緒に保管し、介護保険サービスを利用する際には、必ずサービス事業者へ提示してください。

2割負担の判定基準

第1号被保険者で合計所得額が160万円以上の方
(ただし、第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得額が単身で280万円未満、第1号被保険者が2人以上いる世帯で346万円未満の場合は、1割負担に戻します。また、2割負担となるのは基準以上の所得がある本人のみで、同一世帯であっても負担割合が異なることがあります。)

適用期間

8月1日から翌年の7月31日まで

年度途中の負担割合の変更

(1)所得更正による変更

住民税の所得更正によって所得が変動した場合には、認定証の有効期間の始期である8月まで遡って負担割合が変更になります。この場合の過誤調整については、町と被保険者本人との間で、追加給付や過給分の返還請求を行います。

(2)世帯員(第1号被保険者)の転出入等に伴う変更

世帯員の転出入や死亡によって変更となる場合は、該当日の翌月初日(ただし、該当日が1日の場合は、その翌月)から変更になります。世帯構成の変更により、負担割合が変更になる可能性があるのは次のようなケースです。

ア 他市町村からの第1号被保険者の転入
イ 第1号被保険者の町内別世帯からの転居
ウ 世帯員の新規65歳到達
エ 同一世帯の第1号被保険者の死亡

第2号要介護(要支援)認定者の取り扱い

今回の利用者負担割合見直しの対象は第1号被保険者のみのため、第2号被保険者は1割負担となります。ただし、年度の途中で65歳に到達し、2割に変更される場合は、年齢到達月の翌月初日から変更することとし、65歳到達後の負担割合を併記します。

負担割合証を紛失・破損したときは

申請により負担割合証の再交付を受けることができます。その際は、被保険者本人のマイナンバーカード又は通知カード、介護保険被保険者証、家族が代理申請される場合は代理人の本人確認書類(運転免許証など)をご持参ください。
居宅介護支援事業者が代行する場合は、委任状が必要です。

このページに関するお問合せ

住民福祉課 介護保険係
電話:0276-86-7000
メールフォーム

ページの先頭へ