千代田町
Menu

住民基本台帳カード【住基カード】

「住基カード」の利用について

平成28年1月からマイナンバーカードが発行されることに伴い、住基カードの発行は平成27年12月22日をもって終了いたしました。
ただし、現在住基カードをお持ちの方は、住基カードの有効期限内であれば、平成28年1月以降でも利用可能です。
住基カードをお持ちの方がマイナンバーカードを取得する場合は、マイナンバーカードの交付時に住基カードは廃止となり利用できなくなりますのでご注意ください。

住基カードとは

住民基本台帳カード(住基カード)は、全国の市区町村で、簡単に交付が受けられるセキュリティに優れたICカードです。
行政手続きをインターネットで申請などができる電子政府・電子自治体の基盤ともなるものであり、利便性の向上、行政事務の効率化に役立つものです。
住基カードは、電子証明書の格納媒体になります。電子証明書とは、インターネット上で本人確認をするための情報であり、他人による「なりすまし」や「データの改ざん」を防ぎ、インターネット申請を安全に行うことができます。

有効期間

交付の日から10年間

「住基カード」を取得すると

運転免許証をお持ちでない方は、本人確認用に公的な証明書として有効です。(写真付住基カードのみ)

金融機関等における本人確認書類として例示されています。
写真付き住基カードは、様々な場面で、公的な身分証明書として本人確認や年齢確認に活用でき、記載内容は身分証明書として足りるだけの項目を記載しつつも個人情報の保護に配慮されています(本籍地は記載されていません。))
運転免許証等の身分証明書をお持ちでない方にとって、写真付き住基カードは最適な身分証明書となるでしょう。

電子証明書【公的個人認証】による本人確認を必要とする行政手続きのインターネット申請が可能になります。

※行政手続きの電子申請の中には、電子証明書による本人確認の必要がないものもあります。

ご注意

電子申告・電子申請を行うには、事前に電子証明書(別途証明手数料500円)が記録された住民基本台帳カード(ICカード)とICカードリーダライタをご用意ください。また、手続きにより事前に登録が必要となります。

住基カード発行窓口で、「公的個人認証サービスの電子証明書」の交付を受けると、行政手続きの電子申請ができるようになり、行政機関等への手続きを、ご自宅やオフィスのパソコンから行うことができ、窓口に行く必要がなくなります。

  1. 国税電子申告(e-Tax:イータックス)による確定申告が利用できます。
    ※e-Taxによる申告は、最高5,000円の所得税控除が受けられます。(19年から23年分の1回のみ)
    e-Taxのご利用方法(外部サイト)
  2. ぐんま電子申請で千代田町及び群馬県内の施設予約や事務申請が利用できます。
    ぐんま電子申請のご利用方法(外部サイト)
  3. 転入転出手続きの特例が受けられます
    転入市町村で直接住所変更ができるようになります。
    住基カードを持っていない人は、旧住所地の役所で転出証明書の交付を受けてから、新住所地の役所で住所変更手続きを行ってください。

このページに関するお問合せ

住民福祉課 住民係
電話:0276-86-7001
メールフォーム

ページの先頭へ