千代田町
Menu

学生納付特例制度

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金に加入することが義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
 学生納付特例制度(日本年金機構ホームページ)

学生納付特例制度

対象者

前年の所得が118万円以下の学生

申請に必要なもの

・年金手帳や納付書(基礎年金番号のわかるもの)
・学生証または在学証明書

承認される期間

4月から翌年3月分までを一度の申請で審査します。申請は毎年必要です。
 平成26年4月からは法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1か月前までの期間)もさかのぼって免除申請ができるようになりました。
 免除等申請期間の拡大(日本年金機構ホームページ)

追納制度

猶予が承認された期間は、年金を受給するための資格期間として計算されますが、受け取る年金額は保険料を納めた場合よりも少なくなってしまいます。10年以内であればさかのぼって保険料を納めることができ、将来受け取る年金額を増やすことができます。ただし、3年度目以降追納する場合には、当時の保険料に加算額がつきます。

このページに関するお問合せ

住民福祉課 保険年金係
電話:0276-86-7001
メールフォーム

ページの先頭へ