千代田町
Menu

国民年金制度

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければならない制度です。「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」の3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方や手続き先が異なります。
すべての国民を対象として老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的としています。

被保険者の種類

必ず加入しなければならない人(強制加入)

第1号被保険者(20歳以上60歳未満)

〈対象者〉
自営業、自由業、農林漁業、学生、無職の人などが対象です。
お勤めになっている人でも厚生年金等に加入していない場合は第1号被保険者に該当します。

〈保険料の納付方法) 
日本年金機構より送付される納付書を使い、コンビニや金融機関で納付します。申請をすれば、口座振替やクレジットカード納付も可能です。
国民年金保険料について

※保険料を納めることが難しいときは、免除・付猶予制度がありますのでご相談ください。
保険料免除・納付猶予制度

第2号被保険者(70歳未満)

〈対象者〉
厚生年金保険に加入している人をいいます。厚生年金加入者は同時に国民年金にも加入しています。

〈保険料の納付方法〉
国民年金保険料は、天引きされている厚生年金保険料に含まれます。

第3号被保険者(20歳以上60歳未満)

〈対象者〉
第2号被保険者の配偶者の人をいいます。ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。

〈保険料の納付方法)
国民年金保険料は配偶者が加入する年金制度が一括負担しているため、本人の負担はありません。

希望すれば加入できる人(任意加入)

60歳以降でも厚生年金・共済組合に加入していないときは、国民年金に任意加入することができます。保険料が40年間納付済の人は加入できません。加入は申請した月からです。

国民年金の任意加入の手続き(日本年金機構ホームページ)

このページに関するお問合せ

住民福祉課 保険年金係
電話:0276-86-7001
メールフォーム

ページの先頭へ