千代田町
Menu

多額の医療費がかかったとき(国民健康保険)

病気やけがで医療機関にかかり、医療費が高額になった場合、国保に申請すると、一定の基準に基づき高額療養費が支給されます。ただし、保険がきかない差額ベッド代や食事代などは、支給の対象外です。

高額療養費の申請方法

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 印鑑
  3. 医療機関の領収書
  4. 世帯主の口座情報
  5. 世帯主及び被保険者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  6. 身分証明書(運転免許証、パスポート等)

高額療養費支給該当世帯には、診療月から2~3ヵ月ぐらい後に、はがきを送付いたしますので、届きましたら上記のものを持って高額療養費の申請手続きをしてください。

(注)
一部負担金を支払った日から2年を経過しますと時効となり、支給されませんのでご注意ください。

限度額適用認定証について

70歳未満の方及び70歳以上の方の低所得Ⅰ・Ⅱ世帯の方は、申請により限度額適用認定証の交付を受け、医療機関に提示することで支払う自己負担額が自己負担限度額までとなり、それを超える額については支払う必要がなくなります(申請した月の初日から対象となります)。

※町民税非課税世帯の方は入院中の食事代等の限度額認定を兼ねた「限度額適用・標準負担額減額認定証」を発行いたします。

限度額適用認定証は、被保険者の年齢や課税状況などにより、事前に申請し交付を受ける必要がありますので、下記の表をご参考のうえ、手続きをお願いします。

申請対象区分

高額な外来診療受診者 事前申請手続き 病院・薬局などで
(1)70歳未満の方
(2)70歳以上の非課税世帯等の方
「認定証(限度額適用認定証)」の交付を申請してください。 「認定証」を窓口に提示してください。
70歳以上75歳未満の方で
課税世帯の方
必要ありません。 「高齢受給者証」を窓口に提示してください。
75歳以上で
課税世帯の方
必要ありません。 「後期高齢者医療被保険者証」を窓口に提出してください。

※窓口支払いの上限額(月当たり)は、所得に応じて異なります。
※「認定証」を提示しない場合は、従来どおりの手続きになります。

申請方法

保険証・高齢受給者証(70歳以上の方)・世帯主及び被保険者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの・身分証明書(運転免許証、パスポート等)をお持ちの上、申請してください。

※保険税を滞納していると、交付できない場合があります。

限度額適用認定証の有効期限

限度額適用認定証の有効期限は毎年7月末日です。引き続き必要な方は、再度申請してください

特定疾病の場合

高額の治療を長い間続ける必要がある病気(人工透析の必要な慢性腎不全や先天性血液凝固第9因子障害など)であり、国保の認定による「特定疾病療養受療証」を持っている人の場合、自己負担額が1ヵ月1万円(基礎控除後の国保加入者の所得の合計が600万円以上の場合は1ヵ月2万円)までとなります。

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 印鑑
  3. 医師の診断書
  4. 世帯主及び被保険者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  5. 身分証明書(運転免許証、パスポート等)

このページに関するお問合せ

住民福祉課 保険年金係
電話:0276-86-7001
メールフォーム

ページの先頭へ