千代田町
Menu

特別児童扶養手当

受給資格

精神または身体に一定以上の障害のある「20歳未満の児童」を監護してている、父もしくは母(所得の多い方)、または父母に代わって児童を育てている養育者(=以下、受給資格者)に対して支給されます。
ただし、以下の場合の方に受給資格はありません。

  1. 日本国内に住所がない(受給資格者、児童)
  2. 対象児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき
  3. 児童福祉法等により児童が福祉施設等に入所しているとき

所得による支給の制限

この制度は受給者資格者、その配偶者及びその者と生計を同じくする扶養義務者(注1)について、それぞれ一定の所得制限が設けられています。この中で一人でも、前年の所得が所得限度額を超えた場合、その年の8月から翌年の7月まで手当が全額支給停止となります。

(注1)
扶養義務者とは生計を同一にしている直系血族(曾祖父母から曾孫)および兄弟姉妹の中で控除後の所得が一番高い人を指します。

手当額

(対象児童1人の場合) 平成29年4月1日からの改定額

1級(月額)→51,450円
2級(月額)→34,270円

・対象児童が2人以上いる場合はそのままの額が手当額に加算される。

支払期

詳しくは千代田町役場住民福祉課福祉係(特別児童扶養手当担当)まで

このページに関するお問合せ

住民福祉課 福祉係
電話:0276-86-7000
メールフォーム

ページの先頭へ